1000棟以上の建物診断の結果!

業者の立場によっては塗装を勧められます。

2002年にスレート瓦材にアスベスト使用が禁止されました。実はこの時期に製造された瓦が問題になっているケースがあります。

それは、塗装に不向きな材料もあるということです。画像のスレート瓦材はアスベスト未使用のノンアス瓦です。

高圧洗浄で洗浄しただけで瓦材が粉々です。この場合は、劣化屋根材を撤去後に新しい瓦を載せる屋根葺き替え工事。もしくは、既存屋根材の上に

載せる屋根重ね葺き(カバー工法)工事です。

新たに載せる屋根材はガルバリウム鋼板材、もしくはアスファルトシングル材が主流です。

築年数に応じてお勧めの屋根材は変わりますが、築25年までは耐久性30年以上のガルバリウム鋼板がお勧めです。

築年数35年以上であれば、アスファルトシングル材でも良いかと思います。アスファルトシングル材のデメリットは、塗装が出来ないので、

使い切りタイプと思ってください。また、葺き替え工事、もしくは重ね葺き工事(カバー工法)のどちらを選択するべきかは、劣化状況により

大きく変わります。


塗装工の職人に判断を委ねると。。。

売りたいものを勧められる。


  • 足場を設置して大掛かりなリフォームを行ったのに残念な結果とならないために、

    まずは、建物診断実績1000棟以上の外装劣化診断士に調査をお任せください。

    しっかりと、診断後に適切な工事をお勧めします。

    大きく分けて、塗装なのか重ね葺きなのか?。工事代金は?。適切な塗料は?

    ガルバリウム鋼板、アスファルトシングル材、それぞれ重ね葺き、葺き替え(カバー工法)時に、どちらが我が家に適正なのか?

    お施主様のそれぞれの疑問にしっかりと有資格者がお答えします。

    ダウンロード (3)
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~18:00

1000棟以上の診断実績がある外装劣化診断士にお任せください。

Access


株式会社サンエースリフォーム

住所

〒189-0003

東京都東村山市久米川町2-28-5

Google MAPで確認する
電話番号

042-398-1717

042-398-1717

FAX番号 042-313-3303
営業時間

9:00~18:00

定休日

年末年始

お客様に安心してご依頼いただけるよう最初に有資格者がお家の健康診断にお伺いしております。建物の診断と工事見積りは無料となりますので、お家のリフォームをお考えのお客様は、まずは気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

インスタグラム

Instagram